シカコファンによるシカコファンのためのシカコファンブログ

3月13日リリイベ「Lovely Lovely Strawberry」トーク&ミニライブ 第1部 参加レポ

2月13日、ポニーキャニオン1Fで行われた「Lovely Lovely Strawberry」トーク&ミニライブ 第1部に参加していました。今更感はありますが、まとめていたので公開したいと思います。

このイベントでは開始前にアンケート用紙が配られており、集まった質問・感想などはイベント内でのコーナーで利用されていました。

オープニング

「ここってこんなに入るんですか? 前にポニキャンさんの謎のユニットでやったときはこんなにいなかった」とシカコさん。地下すぎアイドルあかえちゃんでしょうか。

シカコさんは「高い椅子だから大丈夫だと思うけど見える?」と後ろの人を気遣ってくれていました。また、トーク中もところどころ何度も立って後ろの方にいるファンのことも気遣ってくれていました。

「今まで一人のイベントはそんなになくて、ソロデビューしてから増えた。応援してくださってる皆さんも『なかなかイベントしねえな』って思ってたと思うんですけど(笑) 今までは歌もないのにイベントしてもなって感じだったんですけど、出来るようになったのは自分にとってもプラスだな、と思います」とソロデビューの前と後でのイベントについて話がありました。

「今日がリリイベの最後ですが……」と坪井さんがいうと会場からは「え〜」との声が。「終わりが無いと次にも進めないですから」と久保さん。何気ない一言ですが、少しハっとさせられる一言でした。こういう名言っぽいことをさらっというあたりがどこかBUMP OF CHICKINみたいですね。

「お渡し会行ったよー!って方どれぐらいいます?」と聞かれ手を上げたのは6割ほど。「逆に今日が初めてー!という方は?」と聞かれ約4割の方が手をあげていました。他のお渡し会には回らなかったという方も意外といるものなんですね。その後は「みんなはどこからきたの?」と質問が始まりました。佐賀から来た方がいたようで、そこで盛り上がっていました。

ファーストシングルについてのトーク

「ソロデビューびっくりしたでしょ? ソロデビュー発表の日は近しい人にも言ってなかった。秘密主義の集団で……」とソロデビュー発表前のことについて振り返っていました。「デビューします」と各ショップに挨拶に行ったそうですが、モノがないと行けないので急遽作って行ったそうで、そのポスターは10枚ほどしかないようです。

ソロデビューについて「心境の変化とか周りの反応とか」と坪井さんから聞かれると観客から笑いが起きました。「クスクス笑うのやめてもらいます? 周りに人いないだろ、みたいな(笑) 親とかは反応してくれましたよ。でも周りみんなソロ活動やってるので。逆に私みんながなにしてるか知らないんで(笑) 家で寝てるしかないから私も情報難民で。同じだけ周りも私のこと知らないと思ってるんで、そういうときに『おめでとう!』って言われると『え?なんのこと?』ってなる。ソロのタイミングだとバレてないかドキドキしてました(笑)」

坪井さんから「ニコ生の感想とかあります?」と聞かれると、「ニコ生もリリイベもずっと一人で喋らせられた。普通は司会のアナウンサーさんだったり鷲崎さんだったり(笑)いるのに」と笑いを誘っていました。坪井さんが「今日も一人で…という話があったんですが」と恐ろしい計画があったことをいうと「歌う前に喉カラカラになっちゃう!」と反応していました。

リリースイベントの前に声優グランプリのお渡し会がありましたが、坪井さんいわく「CDのリリースイベントの時よりも人数が多かった」そうです。確かに1人5冊まで当選でしたし、私自身も3回分当選してたくさんシカコさんとお話することができました。

雑誌インタビューについてのトーク

CUTのインタビューは一番印象が違う撮影になったようで、インタビュー時間がどの媒体より長く、インタビュー前のフリートークを1時間ぐらいしたようで撮影より長くなったようです。

曲についてのトーク

曲選びの段階で120〜130曲ほど曲を作ってそこから全員が「これがいい」とLovely Lovely Strawberryが選ばれたそうです。「デモの段階では歌詞とか全く無い状態だったけど、この曲になったとしてもタイトルが『Lovely Lovely Strawberryって、いやこれはないですね』って笑ってたのに、かっこよすぎるとかおしゃれすぎるタイトルもあったけど、結果この曲が一番しっくりくる・頭に残るからこれが選ばれた」とのことでした。

アンケートのコーナー(ソロデビューした久保ユリカさんへのメッセージ!)

最初のアンケートは忘れたのですが「ライブの最中にみなさんに言って欲しいパートとかありますか?」という内容がスタッフによって追加されていたようで、「『maybe maybe キミが好き』はわりと私が歌ってるの聴きたいでしょ?(笑) みんなが合唱するのも私が一人で歌うのもなんか違うので、みんなで探り探り作っていきましょう」という内容のことを言っていたと思います。

「ペンライトは何色がいいですか?」という質問でした。「みんなに聞かれるけど、白と水色が好き。そういうペンライトも出てもいいんじゃないですか?」と坪井さんを見ていました。「対バンとかがあったときに(笑)、イメージカラーがあったらいいと思います」「水色は冷静になれる色。Lovely Lovely Strawberryはピンク振りたいって人もいると思うんですけどピンクはちょっと恥ずかしい……(笑)からちょっと冷静にさせてほしいなって思います」と言っていました。僕が声グラのお渡し会で聞いた時は「白か黒! でも黒ないよね?」と言われたのですが……。ちなみに黒のキンブレを持って行きましたがどうみても白にしか光りませんでした。

Lovely Lovely StrawberryのMV視聴

プロジェクターとスクリーンでMVが再生されていました。DVDのものより高画質なものだそうです。是非BD版も出して欲しいですね。

「最初のシーン、すごい眩しかったんですよ〜」と最初の朝日のシーン。「この服を選ぶシーンが『やらしい』ってエジソンのラジオで花江さんに裏で言われた」、公園でのシーンは「一番最初から最後まで全部5往復ぐらいして撮った。土日だったので子供がガチでボール遊びしてた。(子供からすると撮影の様子は)怖かったでしょうね(笑)」といったことを言っていました。

また、「カメラは自分のだって言われてる説があるけど、スタッフさんの小道具です。スタイリストさんと私で3,4回ずつ落とした。撮るのもちゃんと手動で合わせないといけない」という話も。この辺りの話は以前に書いた記事を見ていただけると、シカコさんがしでかしたこともシカコさんの私物のカメラもわかると思います(笑)

「雑貨屋のオトちゃんはおとなしいからオトちゃん。一回も吠えなかった。タレント犬にしたほうがいいって話をした。」「カフェでの撮影は歌いながら食べてるから溶けていっちゃう。『ごめんなさいね、溶けちゃうね』と何回も作ってもらって気を遣ってもらった」と雑貨屋さんやカフェでの感想も話していました。

アンケートのコーナー(Lovely Lovely StrawberryのMVのいい所 or MVについて質問)

「メイキングでスタッフさんにボールをぶつけていましたがわざとですか?」という質問で「ちがうわい!」とツッコんでいました。何度もボールを投げるシーンは撮っていたようで、そのうちの1回当たったところを使われたようです。ボールも柔らかいものでスタッフさんも怪我していないらしいです。

「見つめられるのやめて!といわれたら見つめたくなっちゃう」というものに対して、「いやだ!見つめないでえええ」と即答していました(笑)

アンケートのコーナー(あなたの「ポジティブシンキング」を教えて下さい!)

「あなたのポジティブシンキング」というコーナーは参加者から集められた内容についてシカコさんが◯か×で採点をするというものでした。

ここの内容は忘れてしまったのですが、「嫌なことがあったら一人だけのチャットで吐き出す」という内容に対して「わかるよー」と同調した上で×を出していて笑いました。そのあとすべての内容が◯が出されていたのですが、最後の一人は「ここで×出さなかったら一番最初の彼だけが×になるよね…」と前置きした上で◯を出していました。最初の一人の方は唯一の×でしたし、かなりオイシかったのではないでしょうか……。

プレゼント大会

プレゼント大会はじゃんけん大会でしたがその枚数の決定方法は、シカコさんが「一人だけいそうな人」を出してもらって1人だけなら5枚、2人だけなら4枚、0人だったら3枚、サイン入りポスターがプレゼントされるというものでした。某「笑って◯◯とも!」みたいなコーナーです。坪井さんは社内から「これ以上配るな」と言われているようでしたが、こうやって配出していく姿勢、本当に大好きです。「この中で孫がいます」というテーマでしたがもちろん一人もいませんでした。その後じゃんけん大会に移りましたが、もちろん私はすべての回で1回戦敗退でした。残った人のために負けたみんなが中腰になるなど、ファンの暖かさを感じる瞬間もありました。

告知

バースデーイベントの告知や、初解禁の@JAMの告知がありました。You Lyricalは今回やらなかったのですが、バースデーイベントではやるようです。

アンケート用紙のイベントの要望のコーナーがこの後にあったのですが、詳細は覚えていません……。公式Twitterなど届いたリプライは全て目を通しているようで「公式も人なのであんまり辛辣すぎるのはご勘弁願います」と坪井さん。公式へのクソリプはやめましょう。

Lovely Lovely Strawberryミニライブ

ペンライトは白と水色が多かったですが、私は黒のキンブレ(白く光る)を振っていました。「はい!×4」とコールを入れている方もいましたが、個人的には手拍子いれたり「またね」とかの部分で合いの手いれるぐらいでいいかなぁという感想です。もちろんこれはシカコさんの言うとおり各自の楽しみ方なので、コールにケチをつけるという意味ではありませんし、それもまた楽しいのでついついノッてしまいましたが(笑)

 

いかがでしたでしょうか。アンケートの部分など忘れてしまっているところも多くありますが、少しでもイベントの盛り上がりが伝われば幸いです。当たり前のことかもしれませんが、「言ってよかったな」と思えるようなイベントでした。バースデーイベントも@JAMも決まっていることですし、もっともっと歌う機会が増えて、シカコさん自身もこの歌を伸び伸びと歌っている姿が見れるといいですね。

The following two tabs change content below.
くろこ

くろこ

このブログの管理人。マイペースで更新しています。一緒にブログ書いてくれる人とか募集しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter NEW Google+ alt RSS Feed Feedly

スポンサーリンク

過去の記事