シカコファンによるシカコファンのためのシカコファンブログ

舞台探訪: 胃痛イベントの前は胃痛DVD&インジョルシカ舞台探訪しよう!各スポットを紹介します

いよいよ明日に迫った胃痛ラジオのイベント。前日入りして奈良観光するという方もいるのではないでしょうか。イベントの一週間前に奈良に行って軽く回ってきたので、行ったことのある各スポットを中心に掲載していきたいと思います。

奈良市内

なら100年会館

DSC03085_R

胃痛DVDの最後のスポットかつ今回のイベント会場でもある「なら100年会館」はJR奈良駅の西口から出てすぐのところにあります。

また、2014年にはならこいふぇすた2014が開催されて大盛り上がりでした。

th_20140802_105757

Cafe Cojica

インジョルシカでお馴染み「Cafe Cojica」です。

IMG_20160221_160053_R

DSC02720_R

DSC02717_R

お手洗いにも鹿の小物があり、店全体が鹿であふれている不思議なお店でした。

インジョルシカで知ったので訪れましたが、それとは関係なく是非また行きたいと思えるようなおしゃれなカフェでした。

Cafe Cojica
営業時間 カフェ 11:00~16:00
ダイニング 18:00~23:00
定休日 月曜日

元林院町

元林院町の中でも「奈良・路地裏のキャンドル屋 canata conata」は外せないスポットかと思います。

th_DSC02642

以前にも行ったことがあり、詳細なレポも載せてあるのでこちらの記事をご覧ください。

奈良・路地裏のキャンドル屋 canata conata
営業時間 11:00~18:00
定休日 月・火(祝祭日は営業)

ボリクコーヒー

2.5次元てれびで登場したボリクコーヒーですが、店舗移転があり残念ながら配信当時とは状況が変わってしまっています。2014年に訪れた時に頂いたカフェオレはとても美味しかったので、たとえ店舗が変わっていても訪れる価値のあるカフェだと思います。

写真はジョルシカが座った席でのカフェオレとケーキ。

th_IMG_4612

ボリクコーヒー
営業時間 11:00~18:00
定休日 月・火(祝祭日は営業)

四季亭

胃痛DVDで関さんが宿泊し、2日目のスタート地点ともなった四季亭です。

DSC03087_R DSC03089_R

とはいえ旅館ですし、宿泊予定でないのであれば他のお客様や旅館への迷惑にもなりますので、長居するべきではありませんね。

奈良公園(荒池)

胃痛DVDで2日目に訪れていた荒池です。

IMG_20160221_151740_R IMG_20160221_151841_R

荒池とGoogleマップで検索しても大きいので少し違う場所にピンが立ってしまうので補足します。

四季亭のすぐ南にある東西に伸びる道を東に歩くと見える公園内に荒池の胃痛DVDの舞台になったベンチがあります。場所的にはこのあたりです。

春日大社

春日大社は奈良公園を東に抜けた先にあります。

2014年にもならこいふぇすた2014のイベントの合間にシカコさんが訪れており、その時から宮司さんとはお知り合いのようです。

当時のイベントでは、浴衣姿でカランコロンと足音を立てながら春日大社などに遊びに行き、春日大社の宮司さんから奈良や春日大社の歴史などを教わったそうで、「奈良のことを知ってるようで案外知らなかった(春日大社が世界遺産なのをターちゃんも知らなかった)」「春日大社で神様のことなど勉強した」「もっと奈良について勉強したい」と言っていました。

DSC02740_R DSC02741_R

こちらはこの広場を使ってイベントを出来ないかとお願いした場所。

DSC02738_R水占いは是非やりましょう。

DSC02743_R

若草山

入山料に150円必要で開山時間は午前9時~午後5時となっております。ご注意ください。

写真がないということは私はこの開山時間中に行けなかったということです……。

ちなみに小学生の頃遠足で行きましたが、かなり鹿のフンが落ちていた記憶があります。とはいえ鹿のフンは実物がキーホルダーになるほど幸運のグッズなので踏んでもあんまり気にすべきではないですね。

桜井市・明日香村周辺

大神神社

シカコさんが毎年家族で初詣に行くということでもお馴染み(?)大神神社です。

DSC03060_R

参道には清浄な空気が溢れています。時折吹いてくる風が特にこの時期には心地いいですね。

DSC03062_R DSC03069_R DSC03072_R

大神神社といえばこの階段を登った先にある社が印象が強いですが、時間があれば是非ここにくる途中にある祓戸神社やその周囲にある狭井神社や久延彦神社のほうにも足を運んでみてください。他にもまだまだ神社はあるので大神神社の境内マップをチェックしましょう。

三輪そうめん山本 お食事処三輪茶屋

DSC03081_R

三輪そうめん山本ではそうめんをおみやげに購入するだけではなく、お店で食べることもできます。

本来であれば実際に食べてそのレポもしたかったのですが、着いた時には営業時間を過ぎてしまっており食べることができませんでした。悔しいので家に帰ってから家にあった三輪そうめんを茹でて食べました……。

行かれる際は営業時間には気をつけてください……。

三輪そうめん山本 お食事処三輪茶屋
営業時間 11:00~16:30
定休日 無休

石舞台古墳

入場料は一般は250円。高校生は200円、中学生は150円、小学生は100円です。

DSC03017_R

石舞台、ですが登ってはいけません。とはいえ昭和の小学校の遠足ではここに登ってみんなで弁当を食べるというのが定番だったそうです。

DSC03023_R DSC03025_R

中は空洞になっており、この溢れ出るダンジョン感がワクワクさせてくれますね。

DSC03032_R

ですが、そこまで奥は深くなっていません。ひんやりとした空気が夏の暑さにちょうどよく気持ちよかったです。

DSC03034_R DSC03039_R

この石舞台古墳の見学を終えると、ガイドさんが色々なお話を聞かせてくれます。興味のある方は是非聞いてみましょう。

石舞台古墳の近くのバス停付近にはおみやげ屋さんや軽食店があります。私はそこで食べられる古代米おにぎりをいただきました。美味しかったので、もしバスが来るまで時間がある、というのであれば是非お立ち寄りください。

DSC03052_R

舞台探訪の注意点

この舞台探訪の注意点は「奈良市内」と「桜井市・明日香村周辺」の交通アクセスがとても悪いということです。

JR奈良駅や三輪駅を走る桜井線の電車は本数も少なく、三輪駅からJR奈良駅に行こうとしたら1時間に1,2本しか電車がなくてかなり困りました。

・JR桜井線 奈良駅 [高田方面]

・JR桜井線 三輪駅 [奈良方面]

また、大神神社から石舞台古墳に行くには三輪駅からひと駅のところにある桜井駅から石舞台古墳に行くにはバスに乗っていくのですが、桜井駅にいく電車も1時間に1,2本あるかないかなので、歩いたほうが早い場合もあります。30分もあれば着きます。同様の理由で大神神社から三輪そうめん山本に行く場合も電車では1駅ですが、歩いたほうが早い場合もあります。

ちなみに、そのバスもなかなかのものです。こちらは石舞台古墳で撮った時刻表の写真です。DSC03057_R

橿原神宮前駅行きもあるものの、こちらもこちらでなかなか……。

DSC03056_R

先ほど石舞台古墳の箇所で「もしバスが来るまで時間がある、というのであれば是非お立ち寄りください。」と言ったのはつまりこういうことです。古代米おにぎりはとても美味しかったので是非食べて欲しいのですが、バスを逃してその後の予定が崩れてしまっては元も子もありません。私はおにぎりを食べていたらバスを逃していました。

遠征で来ている場合は複数人でタクシーに乗り合わせるか、レンタカーを借りるというのが現実的な手段になります。奈良近鉄タクシーであれば3時間6時間の時間貸しプランをやっているのでそういったものも視野にいれてみてはいかがでしょうか。小型車に4人乗車した場合は3時間で一人あたり4000円程度、6時間で一人あたり7700円程度となっています。

この本数の少ないバス・電車に加えて、若草山の開山時間と三輪そうめん山本の営業時間もあるので1日で回ろうとしたらタクシーを使ってもかなりタイトなものになると思います。

どうしても電車で回りたいのであれば1日で全てを回るのは諦めたほうがいいかもしれません。奈良で舞台探訪するのであれば帰りのバス・電車の時間も調べた上でするようにしましょう。

The following two tabs change content below.
くろこ

くろこ

このブログの管理人。マイペースで更新しています。一緒にブログ書いてくれる人とか募集しています。

関連記事

コメント

    • くほた
    • 2016年 8月 05日

    お世話になっております。
    セブンイレブン系のショッピングサイトomni7で、「奈良ノススメ」という本が久保ユリカ名義で予約開始していました。
    まだ確定ではないですが、ご参考までに。

    • くろこ
      • くろこ
      • 2016年 8月 05日

      いつもコメントありがとうございます!
      参考にさせていただきます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter NEW Google+ alt RSS Feed Feedly

スポンサーリンク

過去の記事